スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メテオストーム ~シャフト~

どうもこんばんわひろしです!


今日はシャフトの製作を紹介していこうと思いますー


ではさっそく

材料
・ウレタン
・木の棒
・ガチャポン
・漏斗みたいなもの
・コード
・スプレー(シルバー・クリアブルー)


接着、切断
・カッター
・はさみ
・ボンドG17
・グルーガン


こんな感じです!

では始めていきます
作るのはストームシャフトなわけですが、やはり玩具では長さが足りないということで作ることにしました
確か、玩具が全長45センチ前後だったのですが、確実に本物のシャフトは身長を超える長さなんですよねこれが・・・w

ということで、役1、8mくらいにしたいわけです。
ですがさらにここで問題。イベントでの長物は1m以内しかいけないと言うことです

なので今回はそれを考慮し、1mギリギリまでの最大の長さで作ることにしました

まずは木の棒をウレタンにかたどり切っていきます
半分ずつで色が違うので半分の長さでこの4本×2(本)作ります
DSC_0400.jpg


資料や玩具を見ながらはさみで切れるところを下書きし切っていきます
細かい部分はカッターではみ出さないように切っていきます

DSC_0406.jpg


木の棒に張っていきます。このときに使った接着剤はボンドG17です
ちなみに木の棒はダイソーで買いました

DSC_0408.jpg


あまり見えない部分だと思ったので、うえからGボンドで下塗りせずそのままシルバーのスプレーを吹いていきます
DSC_0410.jpg

この作業をもう半分側もやっていき棒の部分は完成です。



次に両端の先端を作っていきます。
玩具の先端を引用するという手も考えましたが、やはり大きさが違うので自分で作ってみます
スイッチが入るほうはウレタンで全体的に作ってそのまま塗装をしたので特に説明を加える箇所はなさそうです
写真だけどうぞ
DSC_0412.jpg
DSC_0421.jpg



さて、次は下の丸い部分を作っていきます。
画像を見たとき、ただの丸だと思っていてガチャポンをそのまま使おうと思っていたのですが
この丸い部分大まかに説明すると卵みたいな形をしているんです、
なので上は丸いのでそのままガチャポンを使い、下にダイソーで発見したこの漏斗を使っていきます

DSC_0411.jpg


まず漏斗のふちを切り取っていきます
そうしたら上のガチャポンをすっぽりはめます
下のジェットのようなものをウレタンでつくりくっつけます
塗装が楽になりそうだったので先に木の棒に刺しておきました

CIMG0158.jpg


さらにコードとウレタンを使って装飾していきます

DSC_0450.jpg


そしたら一気に塗装!
この丸い部分は全部シルバーなので塗りやすかったです


そして完成したものがこちら
横にビニール傘を並べたので比較してください
ちなみにシャフトはぴったり1mに押さえました

DSC_0427.jpg


さて、シャフトどうだったでしょうか?
この作業も急ピッチだったので少し手が抜けていますが、細かい部分を再現できたと思っています


と、いうことで今日はこの辺で
明日(今日)は祝日で学校が休みなので製作がんばろー!と言いたいところですが期末試験2週間前に入るのでできません(泣)

それでは、自分は勉強頑張ってきます!おやすみなさーい
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マサヒロシ

Author:マサヒロシ
自分はニコニコ動画で「コスプレ高校生」という名前で動画を上げているものです。
 このブログは主に自分の趣味例えば「仮面ライダーの製作」や「絵」などをただひたすら書いていくだけです。趣味の合う人や、興味がある人、仮面ライダーのスーツを作る手順を知りたい、と言う人などが向いていると思います。
 まだ16歳なので文章も技術も微妙ですが良かったら見てください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
中野梓
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。